中嶋 さと Sato Nakashima

FOURTEEN PLUS 14+ 主宰・脚本・演出・俳優 

 

 

演劇ユニットnakashima group 主宰  映像企画ロリポリproject

日本演出者協会会員

福岡市在住 (久留米市出身)

 

 【経歴】

1996年 俳優としての活動を開始。上京し、商業演劇(主に「劇団若獅子」)の公演に出演

2001年 福岡に拠点を戻し「劇団ショーマンシップ」に入団。2007年の退団まで多数出演

2007年 平田オリザ氏が芸術監督を務める「こまばアゴラ劇場」にインターンで従事

2008年「劇団爆走蝸牛(現・FOURTEEN PLUS14+)」結成。以降、本公演全作品を演出

2010年より「北九州芸術劇場リーディングセッション」4作品の演出助手

2014年「プロに学ぼう!学校de芸術文化体験in添田」講師

2019年「福岡女子大学アートマネージメント人材育成事業演劇コミュニケーション」講師 

2020年より「福津市ドラマスクール」講師、「憲法劇団ひまわり一座」演出を担う

2022年より「劇団天狼院いぶき」演出を担う

2023年より「注文の多い舞台公演実行委員会」で聴覚に障がいをもつ人も共に楽しむことの出来る作品創作を開始

【受賞歴】

2008年 くうきプロジェクト「ワンコインシアター」年間ベスト女優賞

2009年 福岡市文化芸術振興財団「創作コンペティション」最優秀作品賞・観客賞

2019年 利賀演劇人コンクール予選 観客賞

【主な演出作品】

2011年「九州戯曲賞大賞作品リーディング公演」演出

2013年 日韓共同製作「真如極楽・こころとかたち」演出。以降、韓国公演、韓国との共同制作を開始

2014年 第5回福岡アジア美術トリエンナーレ参加作品『パダパダ/波の少女』」演出

    合同公演「血の家」福岡・韓国亀尾市公演 演出

2015年 九州内の中学校・高等学校で芸術鑑賞として『サンゲツキ』を上演開始

2016年 福岡市文化芸術振興財団 国際舞台創造支援事業『三人姉妹』演出

2018年 文化庁、一般社団法人日本演出者協会「日本の戯曲研修セミナー in 福岡 vol.1」

    『血は立ったまま眠っている』演出

    個人ユニット「Nakashima group」始動。『変身』他、構成・演出・出演

2020年「世界女性公演芸術祭」(釜山市)に招聘され演出作品『サンゲツキ』を8カ国12都市に配信

以降、同芸術祭に毎年招聘され、コロナ禍にて演出作品を配信

2021年 JAPAN LIVE YELL project「福岡”題名のない”演劇祭」参加作品 脚本・演出・出演

第17回人権研究交流集会in福岡「憲法劇」演出

甘棠館Show劇場 設立20周年記念演劇フェスティバル「20」『しまいのピクニック』演出

2022年 唐人町プラザ甘棠館「回遊型演劇『ハラペコ赤ずきんの森』」脚本・演出・出演

    同年、劇場公演用に再構築し上演

    福岡天狼院書店とのコラボ演劇「劇団天狼院いぶき」演出作品『極楽こたつ』を全国に配信

以降、同劇団の演出を担当

2023年 舞台手話通訳・字幕付公演『注文の多い料理店』脚本・演出・出演

【映像作品】

FOURTEEN PLUS 14+ 映像作品「Starting Over」脚本・監督・出演 

「ロリポリproject」ショートムービー『shapeless_願』『遭難』脚本・監督・出演

【脚本提供】

・2021年 甘棠館Show劇場 設立20周年記念演劇フェスティバル「20」『半ゴ人』

・2022年 タカキキカク「大福悟一人芝居」『11月の虫』

・RKBラジオドラマ「シアワセの高取家」

【主な出演作品】

・2010年 北九州芸術劇場プロデュース『ハコブネ』(作・演出:松井周[サンプル])

・2011年 宮崎県立芸術劇場自主制作事業「演劇・時空の旅」シリーズ#3『三人姉妹』(作:アントン・チェーホフ 構成・演出 永山智行) 

・2012年 北九州芸術劇場プロデュース『LAND→SCAPE』(北九州、翌年3月東京公演)(作・演出:藤田貴大[マームとジプシー]) 

・2013年 北九州芸術劇場RS vol.21『《不思議の国のアリスの》帽子屋さんのお茶の会』(演出:近藤良平[コンドルズ]) 

・2014年 Gongter_DA『Foolish』福岡公演・韓国公演(演出:ファン・ユンドン)

    北九州芸術劇場プロデュース『《不思議の国のアリスの》帽子屋さんのお茶の会」』(北九 州公演、翌年3月東京公演)(演出:近藤良平[コンドルズ]) 

・2018年 博多座コンドルズ公演『FLY AGAIN』

・2019年 博多座劇団ショーマンシップ創立25周年記念公演『ロック版唐人歌舞伎 THE NIWAKA~博多の町の芸処~』(脚本・演出:市岡洋)

【ナレーション、CM出演】

・「KBCアサデス・殿様飯」ナレーション、福岡県庁PVナレーション他

・高田引越しセンターCM、フィーモCM出演他

・映画「記憶の技法」、「巫女っちゃけん」「黒執事」出演他

【演出助手】

・北九州芸術劇場RS、vol.16「かんしゃく玉」他 (演出:岩井秀人[ハイバイ])

・北九州芸術劇場RS、vol.18「ズビズビ。」(作・演出:マキノノゾミ) 

・北九州芸術劇場RS、vol.20「ジョン・シルバー」(演出:松井周[サンプル])

・北九州芸術劇場RS、vol.25「書く女」(演出:永井愛[二兎社])