14+ (フォーティーンプラス)

2008年結成。

古典から現代戯曲まで幅広い作品を扱い、社会性とエンタメ性をあわせ持つ、

リアリティのある虚構世界の創作に定評がある。
福岡演劇フェスティバルへの継続的な出場や、福岡市文化芸術振興財団助成事業への採択など、

名実ともに福岡を代表する劇団の一つと評価されている。
2009年「FFAC創作コンペティション」にて最優秀作品賞、観客賞をW受賞。

国内ツアーに加え、2013年より韓国の団体との共同製作と韓国公演も行っている。

沿革

2008年 中嶋さと、村上差斗志により「劇団爆走蝸牛」として結成。

2009年 福岡演劇フェスティバルFFAC企画創作コンペティション

    「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう!」vol.2にて最優秀作品賞、観客賞をW受賞。

2010年 第4回福岡演劇フェスティバルでの公演『14+』では、宮沢章夫氏(遊園地再生事業団)を

             ドラマドクターに迎え、劇団の創作概念を広げる。

     この公演の千秋楽をもって、劇団名を現在の「14+」へと改称する。

2012年 福岡、宮崎、東京ツアー公演。

2013年 韓国の団体との共同製作と韓国公演をスタートさせる。

2014年 第5回福岡アジア美術トリエンナーレで演劇作品を上演し、同作品を韓国・釜山でも上演。