FOURTEEN PLUS 14+ 

第15回公演 「マンシュ―まで15分」

 

「失踪」から帰還したばかりの私には、この町の視線が耐えられなかった。

私にとって馴染みの薄いこの町=「実家」周辺を、夜な夜な徘徊するだけの日々を送っていた。
その昔、自給自足の生活を夢見た一家の庭の畑は雑草に覆われていた。
神社には芝居用のテントが張られ『新説もも太郎』と書いたノボリが掲げられていた。

家には、もう一人の徘徊者がいる。
認知症の進む90歳の祖父である。
いつものように自転車での徘徊から戻ってきた祖父に私は訊いた。


「どこに行ってきたの?」
「…マンシュー」

ある晩、祖父の自転車の後ろに乗せられた私は、夜道に続く広大な「マンシュー國」へと旅にでた。

チラシ表面拡大

チラシ裏面拡大

 

FOURTEEN PLUS 14+ 1年半ぶりの新作は、劇団の完全オリジナル作品。

脚本は、博多座コンドルズ公演「FRY AGAIN」の脚本を手掛けたことも記憶に新しい、ヨウ手嶋。

演出はおなじみ、FFAC創作コンペティション最優秀作品賞受賞の中嶋さと。

福岡を拠点に海外でも活躍中の画家、田中千智さんの絵画を舞台上に展示し、演劇とアートのコラボレーションに挑みます。

 

出演は、各々外部出演でも活躍中の、FOURTEEN PLUS 14+メンバーに加え、客演に、昨年の公演「双面の王」に引き続き、劇団 go to主宰の後藤香さん、モデルで俳優の山本由貴さん、そして、今回初めてご出演頂く、劇団ピロシキマンのベテラン俳優、中山ヨシロヲさん、福岡と東京を拠点に、舞台や映像等、幅広く活動する石橋征太郎さんをお迎えします。

さらに、FOURTEEN PLUS 14+では、演出に徹してきた中嶋さとが、本格的に俳優として出演、また、今年の新人・佐藤柚葉のお披露目公演ともなります。

 

この冬、満を持してお届けする意欲作。

俳優の身体と声、そして劇場空間で構築してゆく、ノスタルジックな景色を感じに、

ぜひ劇場に足をお運びください。

 

             

                             

作 :ヨウ手嶋
演出:中嶋さと
出演:中嶋さと、ヨウ手嶋、ともなが舞、佐藤柚葉(以上、FOURTEEN PLUS 14+)

後藤香(劇団 go to)/ 石橋征太郎(Good Luck 3)/ 山本由貴 / 中山ヨシロヲ(劇団ピロシキマン) 

 

日時:2018年12月22日(土)13:00/18:00

23日(日)13:00/18:00
24日(月・祝)13:00【サンタの日】
25日(火)19:30
26日(水)13:00

 

会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)

 

料金:一般前売2,500円 当日2,800円

学生前売1,500円 当日1,800円
ペアチケット4,500円(前売のみ)※お一人様あたり2,250円 
【サンタの日:前売2,000円 当日2,300円】


チケット発売:10月17日

 

チケット先行予約のご案内

先行予約期間にご予約頂いたお客様には、観劇当日にクリスマスプレゼントをご用意!

またこの期間のみ、22日(土)13:00の回を2,000円でご予約頂けます。
先行予約期間:10月1日(月)10:00~10月14日(日)23:59まで

 

【チケット取り扱い】

ローソンチケット

0570-084-008(Lコード81639)

0570-000-407(オペレーター予約)

 

CoRichチケット!

携帯からの予約はこちらをクリック!


 

絵画:田中千智
舞台監督・照明:岡田一志(GOOD LIGHT)
音響:塚本彩乃(有限会社アクト・ワン)

舞台:ジャンクランド

振付:水上初佳

宣伝写真:本多満浩

チラシデザイン:中嶋さと

チラシデザイン協力:田村さえ(灯台とスプーン)

制作:橋本理沙(Q’s Link)、こじまゆかこ、村上差斗志

制作協力:アートマネージメントセンター福岡

協力:劇団 go to、Good Luck 3、劇団ピロシキマン
助成:芸術文化振興基金
後援:福岡市・(公財)福岡市文化芸術振興財団・福岡市教育委員会
平成30年度福岡市民芸術祭参加